東京都渋谷区のトイレの水流れっぱなし。

トイレの水が流れっぱなしとのこと。


フロート管交換INAX

止水栓で止めて到着までお待ちくださいとお客様に伝えましたが、止水栓が動かないので、メーターで止めておいてもらいました。

このままでは家の中全ての水が使えません。

止水栓は古くて固まっているようです。

これからのこともありますので、止水栓のオーバーホールか交換をお勧めします。

タンクを開けてみると、フロートバルブが外れているだけではなく、切れています。

原因はフロートバルブの鎖が短くてレバーを強めに動かすと、無理がかかり、古さも手伝ってバルブうをフロート管に固定する部分が切れてしまったようです。

フロートバルブを新しいものに交換し、鎖の長さを調整して終了です。

鎖の長さ決めはレバーを左右に動かして位置決めしますが、多少間違っても動きますので、なかなか難しいですね。

私たちプロには簡単なことでも、ホームセンターで買ってきてお客様が取り付けることもできますから、取り付け方法も近いうちにアップしたいと思います。

止水栓も交換しました、これでしばらくは安心でしょう。

カテゴリー:トイレのトラブル, トイレ水漏れ, 地域別水周りトラブル事例, 東京都

Comments are closed.