台所のトラブル

キッチンのつまり

神奈川県川崎市中原区にお住まいのお客様宅の台所のつまり修理をいたしました。


キッチンのつまりには気を使います。

排水が少しでも飛び跳ねたりしたら嫌ですよね。
食器やまな板、カトラリー類をできるだけ片づけてから排水口にとりかかります。
もちろん、流しの下のキャビネットの中も片づけます。

私たちもお手伝いすることがありますが、
綺麗好きの奥様たちは、ご自分でおかたづけされます。

さて、排水口をフラッシュライトで覗いてみると、
奥の方になにやらお箸らしき細長いものが見えます。

キッチンの下から排水の蛇腹をばらしてお箸を救出。

今度は下をライトで照らしてみると、
7-80cm下あたりにもなにやらありそうですが、道具が届きません。

やむなく、キッチンユニットを取り外し、排水管を一部(床面ギリギリまで)切り、
長いマジックハンドのような道具でフォークを救出。

なんとクリストフルの銀のフォークでした。
1本1万円以上はする高価なものです。
排水口に落ちたとはいえ、磨けばもとどおりに綺麗によみがえる筈です。

このフォークに野菜くずがひっかかり排水が流れなくなったようです。

あとは排水管をつないで元に戻し、ちゃんと流れるようになったことを確認。

移動させたキッチンをもとどうりの位置に戻して、
壁の間をコーキングで埋めて終了です。

カテゴリー:台所のつまり, 台所のトラブル, 地域別水周りトラブル事例, 神奈川県

Comments are closed.