トイレのトラブル

便器に水がチョロチョロ出てきます。

川崎市幸区神明町にお住まいのお客様宅のトイレ水漏れ修理をいたしました。

パニックになっている状態のお客さまからのお電話では症状がわかりずらいですが、
いわゆる便チョロです。

便器に水がチョロチョロ出てきます。

この原因には主に、ボールタップに起因するものと、
フロートバルブに起因するものに大別できます。

タンクのふたを開けてみると、オーバーフロー管からオーバーフローしていました。

ボールタップで水を止めきれないようです。

浮玉の高さを調整してみたり、
ゴミやサビが噛んでないか調べてみたりしましたが、ダメでした。

この場合ボールタップの交換になります。

フロートバルブは多少古くなっていましたが、良しとしました。

ですが、止水栓からボールタップにつながる給水接続がナマシ管で緑青もふいて、
いつ折れるかわからない状態です。

そこでステンレスフレキ管に替えました。

ウォシュレットに交換されている場合はこの管も交換されているのがほとんどですが、
こちらのお客様はウォームレット(暖房便座)です。

動作は正常なので良しとしましょう。

心残りは止水栓ですが、壁が漆喰でもろそうです。

万一、壁中の配管まで及ぶとたいへんですから、
お客様に説明の上、今回はそのままとします。

カテゴリー:トイレのトラブル, トイレ水漏れ, 地域別水周りトラブル事例, 神奈川県

Comments are closed.